4月の星座

4月の星座

TOPペ−ジ4月の星座


4月の星座

 春の夜空はかすむことが多くなり、

その上に月夜にでもなると星座さがしとしては、

あまり条件がよくありません。

4月星座は、はなばなしさに欠けますが、

春の到来を告げる「しし座」と「かに座」をとりあげました。







しし座

 南西の中天近くに、飛びつくように前足をあげた
「しし座」がいます。

「おとめ座」の右となりで、春の大三角形で見た
デネボラは“獅子のしっぽ”です。

デネボラの右側にレグルスという1等星が目につきます。

周囲に明るい星がないので、見つけることは容易です。

レグルスは、21個ある1等星の中では21番目の
1等星で、光度1.4度でぎりぎり1等星の
仲間にはいっています。

このレグルスから「ししの大鎌(おおがま)」と呼ばれる
弓なりの星たちが見つけられると思います。

2等から4等の星なのですが、たどってゆけば
簡単に見つけられると思います。

しし座は、比較的整然と星が並んでいますので、
獅子の姿は容易に想像できると思いますが
いかがですか?


春の星座として人気の高い「しし座」ですが、
冬にも再登場します。

毎年11月14日夜半、この「ししの大鎌」あたりを輻射点
(ふくしゃてん:流星が飛び出してくるように見える場所)とする
「しし座流星群」が活動します。

かに座

 「しし座」と「ふたご座」にはさまれた、ぱっとしない星座です。

4等星と5等星の星座ですから、都会では見つからないかも
知れませんが、暗いところに出かけたときにでも、
さがしてみてください。

でも、かに座は、昔から、春を代表する星座なのです。

冬の星座は、「オリオン座」にしても「ふたご座」にしても
明るい星の集団で、寒さの中にきりきりとした輝きがありました。

春は、ほのぼのとしているのです。

厳しさよりもゆったりした暖かさが求められているようです。

その春の星座が「かに座」です。
X型にまとまった小さな星座ですが、明るさのわりには
見つかるのではないでしょうか?

そして、大切なのは、その蟹の甲羅(こうら)のなかです。
甲羅のなかにプレセペ星団という散会星団があります。

肉眼ではボ−っとしたもやのようにも見えますが、
双眼鏡でみると星の集団であることがわかります。
このボ−っとした感じが春を感じさせるのだと思います。


大気が乾いて、澄んでいるときの方が、
この星団がよりはっきりと見えるといいます。
その夜は、特に「火の用心」に気をつけるのだそうです。

 このペ−ジのTOPに戻る

 
   


 

星座のさがしかた

3月の星座 

7月の星座

10月の星座

いろいろな星

太陽系のなかまたち

プロフィ−ル
 TOPペ−ジ

1月の星座

5月の星座


8月の星座

11月の星座

いろいろな星2

天文台

  


2月の星座

6月の星座

9月の星座

12月の星座

黄道12宮

双眼鏡・天体望遠鏡




Copyright (C)  All Rights Reserved