8月の星座

8月の星座

TOPペ−ジ8月の星座



8月の星座

 昔は、“うちわと浴衣”で、

星空に親しむ機会もありましたが、

最近は見かけなくなりました。

しかし、交通の便が良くなり山や海で星空を見る

チャンスもふえました。

今月は「さそり座」と「いて座」をとりあげました。








さそり座

  冬の星座の王者は「オリオン座」ですが夏の王者は「さそり座」です。
南の夜空の低い
場所に赤く輝く1等星が見つかるでしょう。

これがサソリの心臓に輝く「アンタレス」です。

アンタレスは光度0.9等から1.8等級に光度が変化する
変光星(へんこうせい:「いろいろな星」−「変光星」を見てください)です。

海岸や高原の暗い場所では「天の川(あまのかわ)」に尾をひたした
巨大なサソリの姿が浮かびでてきます。

2、3等星が整然と並んだ「さそり座」は見つけやすい星座です。

日本でも昔からなじみぶかい星座だったようです。

S字型に並んだ星を“釣り針”を思い出させるので、
この星座を「たいつり星」と呼んでいた地方もあるようです。

高度が低いと光が通ってくる空気の層が厚くなって
屈折率(くっせつりつ)が大きくなり、夕日が大きく見えるように、
「さそり座」も南の地方で中天(ちゅうてん:天頂(天の一番高いところ)と
地平線の中間あたり)に見えるときよりも大きく、巨大に見えます。

一度比較したみたいもので。

さそりとオリオン

オリオンは、海の神ポセイドン(ゼウスの弟)と
女人国アマゾンの女王エウリアレ−の子で、ヘルクレスと並ぶ勇者ですが、
「私に仕とめられない獲物はない」と自分を自慢していたため、
ゼウスの妻ヘラがオリオンをこらしめるために「さそり」を放ちました。

  オリオンは、かかとをさそりにかまれ死にました。
天に昇ってからも冬の空では、大いばりで輝いているオリオンも
「さそり座」が昇ってくる夏空では、すごすごと南の空に逃げていき、
オリオンとさそりが同じ星空で出会うことはありません。


アンタレス

  アンタレスは、直径が太陽の200倍以上ある赤色巨星(せきしょくきょせい)です

星が年をとって爆発して死んでゆく時期の星です。

周期は不規則ですが、この巨星が大きくふくらんだり、小さくなったりして
光度が変化します。

このような星を脈動型変光星(みゃくどうがたへんこうせい)といいます。

変光星には興味深い星が多いので「いろいろな星」−「変光星」でとりあげました。

 アンタレスは老人星で温度が低いため赤い色をしています。

年によっては赤い惑星(わくせい;詳しくは「太陽系のなかまたち」をみてください) 火星と接近します。

赤色の程度は火星のほうが上ですが、
夜空に不気味な赤色の星が二つ並ぶため「アンタレス」は火星に対抗する星
として「アンチ・タ−レス(火星に対抗するもの)」と名付けられました。

かごかつぎ星
 日本でも「さそり座」やさそり座を構成する星たちはなじみ深かったようです。

 「アンタレス」とその両側に並ぶ2等星が明るさも形も左右対称であるため
 天秤(てんびん)でものを担いでいる姿を想像して「かごかつぎ星」と
 呼ばれています。
すもうとり星
 「かごかつぎ星」の下に2等星が見えますがその下の星です。
 学名は「さそり座のミュ−(μ)星」ですが目のいい人は星が
 重なっていることがわかるでしょう。

 双眼鏡でみればよくわかります。

 この星がかわるがわる輝いていますので
 「相撲(すもう)で四つ(よつ)に組んで」くるくる回っているようにみえるので、
 昔の人はこのように名を付けました。

星の呼び名

星には、「さそり座のアンタレス」のように名前で呼ばれるものもありますが、
普通は、その星座のなかで、明るい順番にギリシャ文字のα(アルファ)星、β(ベ−タ)星、γ(ガンマ)星というように呼びます。

 星以外の星団や星雲には、メシエ(Mで表現)やNGCといわれる
 「カタログ番号」が付いています。
 これはいわば学名ですのでなじみにくいものです。



いて座

  「いて座」は「さそり座」の尾の斜め上に並んでいます。

2等星以下の暗い星たちですが並びかたが整然としているので
見つけるのは難しくありません。

「く」の字型の並びを見つけてください。「く」の字上二つの星と
その左に並ぶ星を「南斗六星」といいます。

 北天の「北斗七星」に似た星の並びです。

「射手座(いてざ)」はギリシャ神話の半身半馬のケイロ−ンの姿で
弓矢で「さそり座」をねらっています。

半馬のほうにはほとんど見るべき星はみあたりません。

想像だけです。

馬の足下には「U」を逆さまにしたような「みなみのかんむり座」が
並んでいますが都会では確認できないかもしれません。

いて座と天の川(あまのかわ)
 海岸や高原の暗い場所ならはっきりわかりますが「いて座」のあるあたりの
 天の川(あまのかわ)がもとも濃く見えます。

 「いて座」の方向が私たちの「銀河系(ぎんがけい)宇宙」の中心方向です。

 円盤型の「銀河系宇宙」の端の方に位置している太陽系が
 「銀河系宇宙」の中心をみているわけですから、星が重なり合って見えています。 

 これが「天の川」です。詳しくは「いろいろ星」−「恒星」の中で説明します。
恒星

私たちが見ている星は全て太陽と同じで自分自身で燃えて光をだしています。

地球や火星のように自分で光をださない星は暗くて地球からは見えないのです。

したがって、

光っている星(恒星)には太陽と同じく惑星を連れているかもしれません。

そして、その惑星の中には地球のように生命体がいるかもしれません。

でも、その人たちとは、光でも何年もかかるほど離れているので、
現在の人類では通信手段がありません。

詳しくは「いろいろ星」−「恒星」をみてください。

 私たちの見ている夜空には「銀河系」以外の宇宙があります。

 肉眼では見えませんが双眼鏡や天体望遠鏡で見れば
 たくさんの「銀河」が見えます。

 中には「銀河団」といって私たちと同じような銀河が重なって
 見えている場所もあります。

 宇宙には私たちの「銀河宇宙」と同じ「銀河」が無数に広がっています。
 詳しくは「いろいろな星2」−「銀河」をみてください。
 このペ−ジのTOPに戻る



 

星座のさがしかた

3月の星座 

6月の星座

10月の星座

いろいろな星

太陽系のなかまたち

プロフィ−ル
 TOPペ−ジ

1月の星座

4月の星座


7月の星座

11月の星座

いろいろな星2

天文台

  


2月の星座

5月の星座

9月の星座

12月の星座

黄道12宮

双眼鏡・天体望遠鏡



Copyright (C)  All Rights Reserved