5月の星座

5月の星座

TOPペ−ジ5月の星座



5月の星座

5月にもなると吹く風も穏やかになります。

星の数も少なく感じますが、「おとめ座」のスピカと

「うしかい座」のアルクツルスが大きく輝いています。

今月は春を代表する「おとめ座」と「うしかい座」を

とりあげました。





おとめ座

  黄道12宮の「おとめ座」です。
夜空の星座には、なじみのうすい人のなかでも
「おとめ座」の名前はポピュラ−です。

ポピュラ−な名前のわりには、実際に「おとめ座」を
さがし当てられる人は意外と少ないようです。

  5月は、「おとめ座」を見つけるには絶好の季節です。
南西方向の中天に輝く「おとめ座のスピカ」は、
見落としようがありません。

左斜め上に「うしかい座」のアルクツルス

  右斜め上には「しし座」のデネボラが正三角形の位置に
輝いています。

この三角形を春の大三角形と呼んでいます。
デネボラだけは2等星ですが、スピカとアルクツルスは、
1等星です。

デネボラの右側にはしし座のレグルスという
1等星も輝いています。

  ポピュラ−な「おとめ座」ですが、横に寝たような乙女は、
ほとんどが3、4等の暗い星であるのと
大きすぎるという理由で、全体像をつかむのは
苦労するとおもいます。


「おとめ座」は、農業、植物の生育の神デ−メテルと
いうことになっています。

「おとめ座」が夜空に現れると春となり、植物は生育し、
「おとめ座」が地平線に沈むと冬になり、
植物の生育は止まります。

デ−メテルは左手に“麦の穂”を持っています。
この“麦の穂”がスピカです。
スピカは青白い星で清純な感じを与えてくれます。

日本では、昔から「真珠星」と呼んでいました。


うしかい座

  うしかい座は、アルクツルスからさがし始めます。
「おとめ座」で説明しました“春の大三角形」で位置関係
わかれば、すぐに見つかりますが、
「うしかい座」の全体像をつかむのに苦労します。

アルクツルスから”カイト(西洋だこ)“の形にのびる
「うしかい座」の星たちは、ほとんど3等星以下で、
右手に棍棒、左手に2匹の猟犬の姿図を捕まえるのは
かなり難しいと思います。

アルクツルスは、光度マイナス0.1等で全天で3番目に
明るい1等星です。

1番は「おおいぬ座」のシリウスで文句の
付けようのない1等賞ですが、2番目が問題なのです。

2番目は「アルゴ船のりゅうこつ座」のカノ−ブスです。

カノ−ブスは、南の地平線近くにあり、東海地方より
南で2月ころ数時間だけ見ることのできる星です。

ということで、東海地方より北では、アルクツルスは、
全天で2番目に明るい星に格をあげておきます。

  この「うしかい座」は、ギリシャ神話では、「牛飼い」では
ありません。

アルクツルスは「熊の番人」という意味で、
となりの「おおくま座」の番人ということになっています。

日本では、このアルクツルスを「麦星」と呼んでいたようです。

麦の刈り取りを行う6月ころ、この星が天頂に輝くことと、
すこしオレンジかかった色からの銘々だったろうと思われます。

 このペ−ジのTOPに戻る
 
   


 

星座のさがしかた

3月の星座 

7月の星座

10月の星座

いろいろな星

太陽系のなかまたち

プロフィ−ル
 TOPペ−ジ

1月の星座

4月の星座


8月の星座

11月の星座

いろいろな星2

天文台

  


2月の星座

6月の星座

9月の星座

12月の星座

黄道12宮

双眼鏡・天体望遠鏡



Copyright (C)  All Rights Reserved