プロフィ−ル

プロフィ−ル

TOPペ−ジプロフィ−ル
プロフィ−ル

このウエブサイトの管理人の八尾のおじさんです。

  1944年大阪八尾市生まれの普通のおっさんです。

  土木の技術者で天文とは全く関係がありません。




口径10cm
屈折式経緯台
天体望遠鏡
私の星との出会いは、

 小学校の5年生の時、小学校の先生が天体望遠鏡で月のクレ−タ−を見せてくれたのが
 最初です。
 
 私は、小学校の低学年の時から近視で、お月さんもぼんやりとしか見えませんでした。

 当時、おやじは「仮性近視だから、遠くをみていろ。近眼もなおる。
 めがねをかければ良くなるものも良くならない」とめがねを買ってくれませんでした。

 どのような理由からか知りませんが当時の大人たちは、それが本当だと固く信じていたようです。
 でも、私の目は良くなりませんでした。

 学校の成績の悪いのは、黒板がよく見えなかったからだと固く信じています。

 月のクレ−タ−にも感激しましたが、ピントさえ合わせればこんなに物がはっきり見えるというのも
 驚きでした、天体望遠鏡が好きになりました。

 物資の乏しい時代ですし、貧しい家庭環境で
「天体望遠鏡を買ってくれ−」なんて決して口に
 出さない、賢い子供でした。めがねだけは、何と
か買って欲しいと思っていましたが。

私が通っていた高等学校の屋上に

 天体ド−ムがありました。
 
 天体ド−ムがあるからその学校
を志望したわけではありません。そこしか行けなかったからです。
 入学してから物理の先生(地学や天文学の先生はいませんでした)に天体ド−ムのことを
 聞い
たところ「そんな物あった?」と全く関心がない様子でした。

 もちろん、動いた形跡もないし、使っ
ている様子もありませんでした。
 
 私が学校を卒業して40年以上になりますが、あのむなしい天
体ド−ムは、 その後の校舎の
 改築で撤去されたようです。

 あまり役に立たなかった天体ド−ムには、何かかわいそうに感じます。


 
結婚して子供ができたのをきっかけに、
 
 レコ−ドプレ−ヤ−と天体望遠鏡を買いました。レコ−ドプレ−ヤ−は女房の希望で
 子供の情操教育のためでしょう、天体望遠鏡は私の希望で、子
供と星を見ることを夢見ていました。

 娘が小学校の5年生になったとき、私と一緒でなくても娘が天体望遠鏡を一人のぞいているの
 知りました。

 夏休みの自由研究で「星の観察」を出していました。
 正直、嬉しくて、そして感激し
ました。

 娘は「望遠鏡で星を捕まえるのは、私の方がおとうさんより速くなったよ」と自慢していま
した。

 負けず嫌いの私ですが、負けて嬉しく思ったのは初めてでした。
 二歳年下の息子の感心
は、お小遣いのアップだけのようでした。

 各個人には好みのあることですから、これもしかたの
ないことでしょう。

 
私が東南アジアのマレ−シアで
 
 勤務していた、1986年2月 ハレ−彗星が接近してきました。

 娘は12歳、息子は9歳(3月生まれなので3歳下、念のため)だったと思います。

 私が業務連絡
のため一時帰国していた時だったので、娘たちに見せてやりたくて、
 連日出かけましたが、あい
にく天候が悪く見せてやれませんでした。

 マレ−シでは毎日飽きるほどみていたのですが・・・・


 残念でした。ハレ−彗星は76年周期でまわってきます。
 一生に2回みることのできる人は非常
にラッキ−な人だといわれています。

 昭和天皇はそんなラッキ−な人の一人だったそうです。

 私
の娘やその友達はそんなラッキ−をものにする権利を持っていたのに、
 そのチャンスを天候の
ためにつかむことができませんでした。


当時の新聞の切抜きです
会社の仲間と

 ある合宿に行ったとき、ちょとした思いつきで口径10cmの天体望遠鏡を持って行きました。

 ほとんどの仲間が「土星の輪」を見たことがないようでした。

 「はくちょう座のアルビレオ」を見せたときも感激していました。
 特に若い女性は喜んでくれました。

 私がもっとはやくに「この手」を思いついていればと悔しくおもったものです。


ウェブ アニメータ 1999年の「しし座流星雨」は、

 まだ記憶に新しいものです。

 広島で結婚生活を送る娘から「みた−!!すごかった−!!」という電話がありました。

 子供の時の趣味を忘れずにまだ覚えてくれているのが嬉しかった。
 たのしい思い出です。



57歳の時

 「網膜剥離(もうまくはくり)」を患いました。
 手術をして、失明はまぬがれましたが、網膜の一部が死んでしまいました。

 左右の目の見え方がアンバランスで最近は夜空をみるのがおっくうになってきました。
 自分では夜空を見られなくなったので、代わりに若い人に見て貰い、私と娘の関係のような
 親子関係(いつも良い関係ばかりだったわけではありませんが)を育てて欲しくて、
 「はじめての星座さがし」のペ−ジをつくりました。


 今後、訂正すべきところは訂正していきたいと思っております。
 また、あまりにも初歩にこだわりすぎたので、内容を省略しすぎました。

 追加すべきところは追加したいと思っております。

 ご意見をいただければ幸いです。よろしくお願いいたします。

 このペ−ジのTOPに戻る

 

星座のさがしかた

3月の星座 

6月の星座

9月の星座

12月の星座

黄道12宮

双眼鏡・天体望遠鏡
 TOPペ−ジ

1月の星座

4月の星座


7月の星座

10月の星座

いろいろな星

太陽系のなかまたち

  


2月の星座

5月の星座

8月の星座

11月の星座

いろいろな星2

天文台
Copyright (C)  All Rights Reserved