星座のさがしかた

はじめての星座さがし
TOPペ−ジ星座のさがしかた


星座のさがしかた

各月ペ−ジの構成

  各月ペ−ジのはじめに各月の星図を載せています

      星図は、各月15日の午後8時 東京から南の方向を見た星の配置図です 

     星図の下が「南」、上が「北」です。

      天頂(てんちょう:夜空の一番高いところ。頭の真上)より北の星座を見ると
     「北向き」になりますので、この「星図」と左右反対向きになりますので注意してください。

      今月紹介する「星座」はオレンジ色で色分けしてありますので「星座」の場所を覚えてください。


 ・夜空は東から西に回っています

     地球が西から東に自転しているから夜空が回っているように見えるだけですが、
     2時間で
1ヶ月分程度移動します。

     午後8時を基準にしていますので午後10時の「星図」ならば来月の「星図」を、
     午後6時の「星図」なら前月の「星図」をみてください。「星図」を傾けても一緒です。


 ・毎月、見つけやすい星座2つを紹介しています

 
   紹介している「星座の星図」を載せています。

     「各月の星図」も同様ですが「星座の星図」に描かれている「星の大きさ」や距離は概略で
    示していますので正確ではありません。

 
    「各月の星図」で「星座」のだいたいの位置をつかんでください。
     「星座の星図」で星をひとつづつ追いかけてください。


    星座の姿図(「オリオン座」なら勇士オリオンの姿)は、著作権の問題で掲載していません。
   別の参考書籍と照らし合わせてください。


根気よくさがしてください

 東京では「天の川(あまのかわ)」もみえません
  
    東京だけではありませんが都会では空気が汚れていることと夜間の照明のために
    「天の川」
も少し暗い星も見えなくなっています。

    普通の人なら5等星まで見えるはずですが、都会では4等星、あるいは3等星でも
    見えなくなってきています。 この点も考慮して説明しています。


    でも、澄んだ空気の高原などでみる夜空は星が多すぎて、とまどうこともあります。
    3等星ま
でしかみえないといって嘆くことはありません。

    むしろ、「はじめての星座さがし」には幸運なのかもしれませんよ。



<「星座さがし」にはなにも必要ありません>


 ・星座さがしには望遠鏡や双眼鏡は必要ありません
  
    はじめは星座さがしをするときは、このペ−ジをみるためにノ−トパソコンや掲載している

    「星図」を印刷して、見てくださいください。


    このペ−ジでは物足りなくなったら、「参考書籍」で紹介していますが「星座の本」
    や「星座早見盤」を購入してください。


    その参考になるものを読むための照明以外は何も使わないのが星座さがしです。
    しかし、星座さがしや星のことをもっと詳しく知りたくなってきたら、
    「天体望遠鏡」や「双眼鏡」「CCDカメラ」などもほしくなるのは、しかたありません。
    そのときは「天体望遠鏡・双眼鏡」を
参考にしてください。



<星座博士になろう>


 ・全天には88の星座があります

    このペ−ジで紹介している星座は、わずかに24星座です。
 
    全天には88の星座があります。

    日本から全く見えない星座が4個、見づらいか一部分しか
見えない星座が12個あります。
    したがって、72の星座が見えるはずですが、東京では50
もみえないでしょう。


    紹介している24星座の中には、星占いの黄道12宮の星座で抜けているものが5個ありますし、
    紹介できなかった有名な星座が10個ほど残っています。


    もうあと10か15個の星座を知ってほしいと思います。
   そんなに星座のことを知っていると言えば、あなたのお子さんはともだちから、
    きっと「星座博
士」とよばれるようになるでしょう。

    楽しみながら「星座博士」になりましょう!!



<まず星座のなかの明るい星をみつけましょう>

 ・「星座さがし」は明るい星から順に星座の形をたどります。
 
    紹介している各星座では、星座さがしの中心になる明るい星のみつけかたを紹介しています。
    星の明るさは地球からその星までの距離できまります。
    明るい大きな星でも遠くにあれば暗く見えます。特に明るく見える星を1等星とよびます。
    
 
    この星の一覧を「いろいろな星2」に載せておきました。参考にしてください。



<星の名前もおぼえよう>

 
・星には名前があります

    1等星や特徴のある星には名前がついています。
    「こと座のベガ」「はくちょう座のアルビレ
オ」や「おとめ座のスピカ」というようなものです。

    天文学では、その星座の中で明るい順番にギリシャ文字のアルファ(α)星、ベ−タ(β)星、
   
ガンマ(γ)星、デルタ(δ)星というように順番に名を付けています(バイエル名といいます)。

    このギリシャ文字24で足りないときはロ−マ字、エイ(a)、ビ−(b)も使いますが、
    これでは、あまりにも味気(あじけ)がないので、その星の名前でよびたいものです。
 
    その方が親しみがわくとおもいますので、「星座の星図」には名前を載せておきました。
 
   余計なことかも知れませんが「星座博士」なら知っておいてください。

   その星座の中で明るい順にアルファ(α)星、ベ−タ(β)星、ガンマ(γ)星と言いましたが、
    ややこしいことにその通りにはなっていないケ−スが多数あります。

    1月の星座で紹介している「オリオン座」や3月の星座で紹介している「ふたご座」の
    アルファ星よりベ−タ星の方が明るい星です。

    また、ギリシャ文字の4番目はデルタですがデルタ星はその星座の中で
    必ず4番目に明るいかというとそうでもありません。
    アルファ、ベ−タからいきなりミュ−に飛んでしまうケ−スもあります。


    原則は「明るい順番でということになっていますが、星を識別(しきべつ)するための
    単なる星の名前だと考えくださいてください
。私も理由は知りません。

    いい加減な「星座博士」です

    このほか、学問上ではフラムスチ−ド名というのもありますが知らなくてもなにも
    不自由はあり
ません。

    ちなみに星以外の星団や星雲には、メシエ(Mで表現)やNGCといわれる「カタログ番号」を
    
付けて星や星団を識別しています。


<夜空と地球の関係>

 ・星はいつも動いています
 
    星空は北極星を中心にして東から西に移動しています。
    星空が移動しているのではなく地球が西から東に自転しているので星が動いているように
    見えるだけということは、お子さんでも知っていますよね。


    これはカメラを固定して長時間露出で夜空を撮影すると美しい星の動きの写真が撮れます。
    意外と速く動いていることが実感できます。一度試してみてください。
 
    前の「各ペ−ジの構成」で書きましたが、
    星図は、各月15日の午後8時 東京から南の方向をみた「星図」です。
    夜空を見上げる「時間」「場所」「方向」で星の配置がかわりますので理解しておいてください。



<星座線が違うものもあります>

 ・星座線は編集者が自由に結んでいます  
    
     星座の形を示している星座線には決まったものはありません。
     このペ−ジで紹介している星座線は、一般的と思われるものを紹介しました。
    
    別の書物で紹介されている星座線が、このペ−ジのものと違っていても、
     どちらも正しいのだと思っておいてください。



<地球以外にも生命体はいるに違いありません>
 

 
・恒星と惑星は違います
  
   「この広い宇宙のなかで地球はちっぽけな星の1つにすぎないのだ」という表現は
    ロマンチックですが無粋(ぶすい)ないいかたをすれば、間違いということになります。


    星というのは太陽のようにその星自身が燃えて輝いているものをいいます。
    恒星といいます。

    私たちがひごろ夜空で見ている星の中には星雲や星団、「銀河系宇宙」のような
   多くの星たちをそのなかに抱えた宇宙もあります。

    これらも星ではありません。星とは自分が燃えているものだからです。
  
    太陽系では太陽だけが星です。その他の太陽系の仲間たちは惑星とよばれています。 
    惑星は自分で光をだしていません。


   夜空に見えている星は太陽と同じように自分で光をだして輝いている恒星ですから、
    太陽と同じように惑星を連れているかもしれません。

    惑星は自分で光を出していないので暗くて地球からは確認できません。
    こんなにたくさん見える星たちがそれぞれ惑星を連れているなら、
    そのなかのいくらかには地球と同じように知能をもった生命がいるかも知れません。

    その星までは光のスピ−ドで何十万、何百万年、いいえもっとはるかな遠いところに
    多くの星たちがいます。

    現在の私たちの力では、彼らと通信する手段がありません。

    それらの未知なる生命体に対するコンタクトが現実にいろいろ試みられています。
    詳しくは「太陽系のなかまたち」をみてください。


       話はそれたかも知れませんが、これで「星座のさがしかた」編はおわります。

       どうぞ、お子さんと一緒に、星座さがしを楽しんでください。 

このペ−ジのTOPに戻る





 

1月の星座

4月の星座 

7月の星座

10月の星座

いろいろな星

太陽系のなかまたち

プロフィ−ル
 TOPペ−ジ

2月の星座

5月の星座


8月の星座

11月の星座

いろいろな星2

天文台

  


3月の星座

6月の星座

9月の星座

12月の星座

黄道12宮

双眼鏡・天体望遠鏡


Copyright (C)  All Rights Reserved